---わ行


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【わ】【わ】【わ】【わ】【わ】
--------------------------------------------------------------------
1.ワイルドアットハート(Wild At Heart)・1991・外12・David Lynch・5 点
何がカンヌグランプリだ。どれもこれもB級だ。くさいバイオレンスラブストーリーだ。
--------------------------------------------------------------------
2.ワイルドバンチ(The Wild Bunch)・1969・外25・サム=ペキンパー・7 点
殺戮シーンの出来がいい西部劇。強盗団の最期は仲間の仇討ちの殴り込み。
--------------------------------------------------------------------
3.我が愛の譜 滝廉太郎物語(Bloom in the Moonlight)・1993・邦8・澤井信一郎・8 点
滝の女性との関係、ドイツ留学、そして若すぎる死を端正に描く。  
--------------------------------------------------------------------
4.我が命つきるとも(A Man for All Seasons)・1967・外4・Fred Zinnemann・米英7 点
再婚にからんでの王のカトリックから国教会への鞍替えを拒否し続けて処刑されたトマスモアの信念の話。
--------------------------------------------------------------------
5.わが恋せし乙女・1946・邦5・木下惠介・7 点
血のつながりがないとわかった妹を恋する兄が、妹の幸せのために身を引く話。木下ロマンティシズムの透明さが心地よい。
--------------------------------------------------------------------
6.わが心の銀河鉄道:宮沢賢治物語・1996・邦16・大森一樹・5 点
日本映画の力量不足の象徴的な作品だ。素材はいいのに今ひとつインパクトがない。
--------------------------------------------------------------------
7.我が青春に悔なし・1946・邦2・黒澤明・8 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
8.我が青春のフローレンス(Metello)・1971・外4・マウロ=ボロニーニ・6 点
19世紀末の伊での資本家と労働者の対決を背景に若い夫婦を描く。感情移入困難。「ジェルミナル」に似て主義優先か。
--------------------------------------------------------------------
9.我が谷は緑なりき(How Green was My Valley)・1951・外3・John Ford・8 点
ジョン=フォードってこんなに素晴らしいのか!炭坑町の厳しさの中に住む一家の暖かさ。これぞ映画という情感だ。
--------------------------------------------------------------------
10.我が母の記(Chronicle of My Mother)・2012・邦6・原田眞人・8 点
井上靖自伝。痴呆する母から息子への愛が明らかになっていく。秀逸。昭和のレトロも懐かしい。
--------------------------------------------------------------------
11.わが道・1974・邦6・新藤兼人・7 点
社会派ドラマ。野太く権力の側の集団的無責任を描く。行方不明の夫を探す妻。
--------------------------------------------------------------------
12.我が道を往く(Going My Way)・1946・外1・Leo McCarey・8 点
教会再建もの。ビング=クロスビーのユーモアある演技と感動的なラスト。かっこいい。
--------------------------------------------------------------------
13. 若者たち・1967・邦15・森川時久・9 点
5人兄弟が凄まじく本音をぶつけ大喧嘩をし生きる様を時代批判を背景に。若者にぜひ。主題歌は今でも歌われている。
--------------------------------------------------------------------
14.若者が行く・1969・邦12・森川時久・7 点
続編。佐藤一家5人兄弟各々の悩みとぶつかり合い。田中邦衛、橋本功、佐藤オリエ、山本圭、松山政路がいい。
--------------------------------------------------------------------
15.若者の旗・1970・邦21・森川時久・8 点
世の中結局金なのかそうでないのか。佐藤一家5人兄弟のぶつかり合いは本当に生きてるなあと感じさせる。
--------------------------------------------------------------------
16.惑星ソラリス(Solaris)・1977・外5・Andrey Tarkovskiy・ソ連6 点
タルコフスキーSF。思考を物質化する惑星の海。何が言いたいか観客の想像に任せるいつもの出来。
--------------------------------------------------------------------
17.私が棄てた女・1969・邦2・浦山桐郎・7 点
昔遊んで棄てた女と上司の娘との間でぬきさしならなくなる若者。この時代の虚無的な雰囲気が出ている。遠藤周作原作。
--------------------------------------------------------------------
18.私の心はパパのもの4 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
19.私は二歳・1962・邦1・市川崑・7 点
子供の養育を取り巻く問題を若い夫婦を中心に。子供をナレーターとする面白い設定。育児書が原作。
--------------------------------------------------------------------
20.私を抱いてそしてキスして5 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
21.ワットライズビニース(What Lies Beneath)・2001・・James Cameron・6 点
「タイタニック」の後はこんなものか。危険を霊が知らせる心霊サスペンスだが、出来は今ひとつ。スジも途中で読める。
--------------------------------------------------------------------
22.笑いの大学・2004・邦12・三谷幸喜・8 点
戦争中の日本で喜劇作家と笑ったことのない検閲官が対決、検閲官が喜劇にはまる過程を。地に足のついたコミカルさ秀逸。
--------------------------------------------------------------------
23.悪い奴ほどよく眠る8 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
24.我等の生涯の最良の年(The Best Years of Our Lives)・1948・外2・ウィリアム=ワイラー・7 点
兵役帰りの3人への冷たい風の中、2つの恋が成就するまでを暖かい視線で描く。アカデミー作品賞。
--------------------------------------------------------------------
25.ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ(Once upon a Time in America)・1984・外1・Sergio Leone・伊米7 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
26.我々のものではない世界(A World Not Ours)・2013・外・Mahdi Fleifel・パレスチナ/アラブ首長国連邦/英7 点
レバノンのパレスチナ難民キャンプ出身の監督が内部のやるせない生活を撮ったドキュメンタリー。山形映画祭で上映。