3)面接にあたってすること


2019年組(2018年に申込み、2019年夏が現地研修)の方向けに更新しました


 面接の申込み


提出書類を世話教員鈴木右文(yubun(at)flc.kyushu-u.ac.jp)までメール添付で送付下さい。その際以降10日程度の伊都で面接を受けられる日付と時間帯をお知らせ下さい。折り返し面接日時をお知らせします。
 *送付は必ず学生基本メールからお願いします。
 *目一杯お知らせいただかないと中々決まらず二度手間になります。サークル等
  との折り合いもつけて夕方もなるべく都合をつけてください。
 *昼休みも可能時間帯になるべく含め、当たったときは昼食を朝購入しておく等
  工夫して御対応ください。 
 *受領返信メールを御確認下さい。数日中に返信がないなら届いていません。
 *申込の他の詳細は「2)申込方法・参加条件・選抜」のページを確認下さい。




 面接の準備


【面接に持参する書類】
★「 ケンブリッジ大学英語・学術研修申込票 」2部(メールで御請求ください)
・申込書類送付のときと同じものですが、写真をお願いします。2部必要です。   ・書類申込時と内容に相違があっても可です(その箇所は下線を引いて明記)。

★「 誓約書 」(メールで御請求ください)
・印刷して署名押印し、面接時に御提出ください。
・本人と国内連絡先の方の両方の押印が必要です。
・別々の印章をお使い下さい。国内連絡先の方は御自身で押印下さい。
・ ファイルはパスワードがないと開けません。メールで御請求下さい。    - ・押印のための郵送往復等で 用意に時間がかかることがあります。

【面接の内容】
・問題なく海外研修に参加する力があるか否かと適合性を精査します。
・必要に応じ英語でのやりとりも行います。
・面接時間は約束の時間から30分みておいて下さい。

【面接の手順】
★冒頭で下記に関するプレゼンテーション(3~5分程度)
・メモを見ながらで結構です。

1)下記2つの事項を承知した旨の言明をお願いします。
     --------------------------------
・11月頃合格者へ連絡があり次第速やかに研修HP「 合格通知後にすること 」
 (現在は無効、11月頃連絡を差し上げる際に有効化します)に取り組み、十分
 な準備をした上で最初のミーティング と第1回学習連絡会に臨んで下さい。  
     --------------------------------
・研修HP「 研修のキャンセル 」の内容を御承知下さい。特に出資者の方の了解
 をお取り下さい。(誓約書にもありますが、口頭でも念押して下さい)
     --------------------------------

2)下記事項について御説明ください。
・専門の勉強内容、進学、就職等進路の希望
・英語が好きか得意か、高校授業、入試、九大授業での具合はどうか。
・本研修の対抗馬として比較検討したものは?なぜそれでなく本研修を選ぶか。
・自分を磨く向上心があるか。
・提出物の締切を守るか。
・学術追究型の研修に事前研修も含め負担に耐え打ち込む覚悟があるか。
・資金に無理はないか(無理なアルバイトは勉強時間を削ぐ)。
 *合格後経済的に取りやめる不安はどの程度あるか(キャンセル料の問題)。
 *出資者の方と調達計画等十分打ち合わせてきてください。
 *為替変動等があっても問題ないことについて御説明ください。
 *後で辞退というのは他の参加者に準備上のまた金銭的な迷惑をかけます。
 *後で辞退となるとかなりのキャンセル料負担のリスクを負うことになります。

★その他の確認(=選考基準)
・面接申込に遺漏がないか(面接時の持参書類不備などは論外)
・九州大学等における英語その他の授業の成績(第2期の場合)
・授業以外に英語学習をしているか
・本研修を選ぶだけの動機と熱意と学力があるか
・自分を磨く向上心があるか
・自分の考えを明確に伝える力があるか
・資金調達に無理がないか
・家族等の了承、サポートがあるか
・団体生活での協調性があるか
・精神的、肉体的に海外生活に耐えられるか
・何とか英語を使って口頭で意を通じさせ合うことができるか