4)日本を巡る

  観光は個人的趣味ではあるのですが、知人のいる北海道大学の観光学院の存在でもわかるように、基幹大学でも最近は研究教育がなされる分野です。何かのお役に立つかもしれないので、資料として私の訪問した観光地とその評価を記しておきたいと思います。写真も掲載したいところですが、容量の都合もあり、英国だけの対応になっています。赤字は世界からそこを目指す価値があると思われるもの、桃字は国内他地域から目指す価値があると思われるもの、茶字はそれに次ぐ出色なものです。(高)は高所恐怖症の程度によっては避けるべきところです。