---ま行


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【ま】【ま】【ま】【ま】【ま】
--------------------------------------------------------------------
1.マークスの山(Marks)・1995・邦9・崔洋一・7 点
高村薫原作。エリート5人の過去の犯罪とそれを巡る殺人。謎解きとして面白い。崔監督らしく少しどぎついかな。
--------------------------------------------------------------------
2.マーズ・アタック!(Mars Attacks!)・1997・外8・Tim Burton・6 点
火星人の地球襲来の話。ブラックでカルト。CGの火星人が漫画チック。しかしなんでベストテン入りするの?
--------------------------------------------------------------------
3.マーシェンカ(Maschenka)1987・外等外・John Goldschmidt・西独/英/仏/フィンランド6 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
4.まあだだよ(Madadayo (Not Yet))・1993・邦10・黒澤明・7 点
内田百閒とその弟子たちの幸せな交流。黒澤遺作。 
--------------------------------------------------------------------
5.マーティ(Marty)・1955・外7・Delbert Mann・8 点
男は顔じゃないよ心だよの世界。心暖まるオクテ者の話だが見てる方も身につまされる。
--------------------------------------------------------------------
6.マーヴェリック(Maverick)・1994・外103・Richard Donner・7 点
全くの娯楽西部劇。賭事の大勝負を中心に派手に立ち回る。きちんと面白いが専門家の評価の103位は低いな。
--------------------------------------------------------------------
7.マイノリティ・リポート(Minority Report)・・Steven Spielberg・7 点
近未来で超能力者の予測で犯罪防止をはかるシステムを使用した犯罪のトリック。なかなか面白いしかけだ。
--------------------------------------------------------------------
8.マイ・バック・ページ(My Back Pages)・2011・邦9・山下敦弘・7 点
川本三郎の体験に基づく。全共闘世代の記者と革命分子の物語。
--------------------------------------------------------------------
9.マイ・フェア・レディ(My Fair Lady)1964・外15・George Cukor・7 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
10.マイマイ新子と千年の魔法(Mai Mai Miracle)・2009・邦100・片渕須直・7 点
昭和30年の山口の田舎で転校生と地元の女の子同士の友情と千年前の想像の世界。いいアニメ。外国で賞を。
--------------------------------------------------------------------
11.マイライフ(My Life)1994・外45・Bruce Joel Rubin・7 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
12.マイライフ・アズ・ア・ドッグ(Mitt Liv Som Hund)・1989・外5・Lasse Hallstrom・スウェーデン・7 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
13.マイレフトフット(My Left Foot)・1990・外47・・7 点
身障者ものだが、もう少し痛切さが欲しい。俳優はうまいが、迫るものが不足。「見る方で補え」ではよろしくない。
--------------------------------------------------------------------
14.マクベス(Macbeth)・1952・外25・Orson Welles・7 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
15.魔女の宅急便(Kiki's Delivery Service)・1989・邦5・宮崎駿・7 点
魔女の少女が修行に人間の街で宅配を。十分楽しいが以前の宮崎作品より小粒になった感じ。
--------------------------------------------------------------------
16.マスク(The Mask)・1995・外17・Chuck Russell・5 点
謎のマスクをつけるとさえない男が突如自身満々のスーパーマンに。半端なお子様向けSFXコメディ。どこがいい?
--------------------------------------------------------------------
17.また逢う日まで(Until We Meet Again)・1950・邦1・今井正・7 点
徴兵で悲恋と死に終わる若い2人の短く燃えた恋を描く反戦物。好題材も演出べたべた。ガラス越しのキスで有名。
--------------------------------------------------------------------
18.マダガスカル(Madagascar)・2005・外等外・Eric Darnell, Tom McGrath・7 点
ニューヨーク動物園の動物たちが脱出しての大騒動。マダガスカルに着いちゃった。ペンギンがいいな。
--------------------------------------------------------------------
19.マダガスカル2(Madagascar: Escape 2 Africa)・2009・外等外・Eric Darnell, Tom McGrath・7 点
動物たちはニューヨークへ戻ろうとしてアフリカへ。そこでも大騒動。ペンギンがいいな。
--------------------------------------------------------------------
20.マダガスカル3(Madagascar 3: Europe's Most Wanted)・2012・外・Eric Darnell, Tom McGrath, Conrad Vernon・6 点
動物たちはニューヨークへ戻ろうとして仏人女警部に追われ、サーカスに居場所を見つける。ペンギンがいいな。
--------------------------------------------------------------------
21.マダムと女房(The Neighbor's Wife and Mine)・1931・邦1・五所平之助・6 点
日本初の本格的トーキー。音にこだわった作りはすぐわかる。騒音で仕事のできない劇作家の喜劇だ。
--------------------------------------------------------------------
22.間違えられた男(The Wrong Man)・1957・外39・Alfred Hitchcock・7 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
23.街の灯(City Lights)・1934・外10・Charles Chaplin・9 点
私にとってチャップリンのベストはこれ。盲目の女性とうらぶれ紳士の情愛。この暖かい世界を見よ。
--------------------------------------------------------------------
24.松ヶ根乱射事件(The Matsugane Potshot Affair)・2007・邦7・山下敦弘・7.5 点
田舎の警官が主人公の個性的ブラックコメディー。
--------------------------------------------------------------------
25.マックスモンアムール(Max My Love)・1987・邦等外・大島渚・仏米・5 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
26.M★A★S★H(マッシュ)(M*A*S*H)・1970・外5・Robert Altman・7 点
悪意ふんぷんのコメディ戦地もの。小倉も登場。基地のアナウンスが愉快。これだけふざければかえってさっぱり。
--------------------------------------------------------------------
27.マッチ工場の少女(The Match Factory Girl)・1991・外7・Aki Kaurismaki・フィンランド/スウェーデン7 点
めだたない貧しい少女が思いきって男と関係を持つが棄てられブラックな復讐に走る。暗い独特のおかしみがある。
--------------------------------------------------------------------
28.マッドマックス(Mad Max)・1979・外34・George Miller・6 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
29.マッハ!!!!!!!!(Mach)・2004・外62・Prachya Pinkaew・タイ仏香6 点
タイのアクション映画。村から盗まれた仏像の頭を取り戻しに若者がムエタイという伝統武芸で活躍。
--------------------------------------------------------------------
30.マディソン郡の橋(The Bridges of Madison County)・1995・外3・Clint Eastwood・9 点
世界の主婦を泣かせた最高のメロドラマ。4日間の不倫の後恋と家庭の板挟みになる姿にじんと来た。
--------------------------------------------------------------------
31.マトリックス (The Matrix)・1999・外6・Andy & Lana Wachowsky・7 点
コンピュータが人間を培養液に入れエネルギーを吸い、人間は仮想現実でそれに気づかず。ネオもエージェントに?
--------------------------------------------------------------------
32.マトリックス・リローデッド(The Matrix Reloaded)・2003・外99・Lana & Lilly Wachowsky・6 点
ネオが救世主となって機械側と闘うのだが、第1作に比べて雑な気がする。3部作らしいが、ちょっと興味が失せた。
--------------------------------------------------------------------
33.マネーボール(Money Ball)・2011・外6・Bennett Miller・7 点
弱小アスレチックスがGMの新しいやり方で復活。悪くないがキネ旬ベストテンの出来とは思わない。
--------------------------------------------------------------------
34.招かれざる客(Guess Who's Coming to Dinner)・1968・外11・Stanley Kramer・7.5 点
白人娘が黒人男性と結婚することで起きる双方の両親の葛藤。シドニー=ポワティエはかっこいい。
--------------------------------------------------------------------
35.正午なり(At Noon)・1979・邦49・後藤幸一・6 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
36.真昼の暗黒(Darkness at Noon)・1956・邦1・今井正・7 点
最高裁に上告された強盗殺人「八海事件」を冤罪の立場で。最高裁から圧力があったとか。現実では最高裁で無罪。
--------------------------------------------------------------------
37.真昼の決闘(High Noon)・1952・外22・Fred Zinnemann・7 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
38.幻の光(Illusion)・1995・邦4・是枝裕和・7 点
宮本輝原作。海辺の村の一家の生活が静かに溶けていくように描かれる。
--------------------------------------------------------------------
39.まぼろしの邪馬台国(Where the Legend Lives)・2008・邦等外・堤幸彦・7 点
島原鉄道の盲目の社長の半生と邪馬台国島原説の刊行を描く。竹中直人と吉永さゆりの組合せが妙。
--------------------------------------------------------------------
40.真夜中のカーボーイ(Midnight Cowboy)・1969・外2・John Schlesinger・7 点
大都会に出た田舎者がコールボーイで稼ごうとし失敗。彼の金を盗んだ男と惨めな同居の後悲劇。容赦ない現実。
--------------------------------------------------------------------
41.マリア(The Nativity Story)・2007・外86・Catherine Hardwicke・7 点
映画としては上手ではないが、信者には貴重な1本であろう。マリアがイエスを生むまでのヨゼフとの愛の物語。
--------------------------------------------------------------------
42.マルコヴィッチの穴(Being John Malkovich)・2000・外7・Spike Jonze・7 点
俳優の頭の中へ行ける穴を発見、謎解きもある。しかし世間で騒ぐほどの出来ではない。人形術師の描き方が薄い。
--------------------------------------------------------------------
43.マルコムX(Malcolm X)・1993・外25・Spike Lee・米日7 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
44.マルサの女(A Taxing Woman)・1987・邦1・伊丹十三・8 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
45.マルサの女2(A Taxing Woman's Return)・1988・邦19・伊丹十三・7 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
46.マルセリーノ・パーネ・ヴィーノ (Miracle of Marcellino)・1997・外120・Luigi Comencini・西伊仏7 点
教会で育てられた孤児が領主の養子に無理矢理されかけるが、イエスへの信仰によりある日奇跡で天に召される。
--------------------------------------------------------------------
47.マルタイの女(Woman in Witness Protection)・1997・邦24・伊丹十三・7 点
警察による保護対象となった女優に襲いかかる危機。伊丹の遺作となった。
--------------------------------------------------------------------
48.満月:Mr. Moonlight(---)・1991・邦等外・大森一樹・日・5 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
49.マンデラの名もなき看守(Goodbye Bafama)・2008・外50・Bille August・独仏ベ伊英ルクセンブルグ南ア7 点
マンデラの収監中から釈放までの看守との交流。テーマはいいが出来は今ひとつかな。
--------------------------------------------------------------------
50.マンハッタン花物語(Bed of Roses)・1996・外109・Michael Goldenberg・6 点
B級なりになかなかいいけど、どの側面も今1つ。花屋とお客の恋。
--------------------------------------------------------------------
51.マッドマックス:怒りのデス・ロード(Mad Max: Fury Road)・2015・外1・George Miller・豪米7 点
シリーズ第4作。世紀末水と油を握り君臨する軍団とマックスの戦い。女性の存在がいかにも世紀末文学的で暗示的な出来。
--------------------------------------------------------------------
52.マンマ・ミーア!(Mamma Mia!)・2009・外34・Phyllida Lloyd・米英独7 点
メリル・ストリープがギリシャ舞台にミュージカル。アバの曲だらけ。いい。父親不明で候補3名を娘が結婚式に呼ぶ騒動。
--------------------------------------------------------------------
53.マスカレード・ホテル(Masquerade Hotel)・2019・邦等外・鈴木雅之・7 点
一流ホテルで殺人予告。潜入刑事とホテルマンの女性が活躍。騙されました。文鎮等にあったホテルのマークは欺しだね。
--------------------------------------------------------------------
54.万引き家族(Shoplifters)・2018・邦1・是枝裕和・7 点
裏に何かある他人同士が家族のように暮らし万引きで生きる。最後は発覚するが、傷と現代社会。
--------------------------------------------------------------------
55.マイ・ブックショップ(The Bookshop)・2019・外115・Isabel Coixet・英西独7.5点
英国の海沿いの田舎町に亡き夫との夢だった本屋を開店し妨害と本を愛する人との交流の後町を後にするまで。佳作。
--------------------------------------------------------------------
56.マルモイ ことばあつめ(The Secret Mission)・2020・外66・Eom Yu-Na・8 点
日本支配の朝鮮で日本語が強制される中、朝鮮語辞書編纂のため方言を集める学会を支えた文字の読めない男の貢献。力作。
--------------------------------------------------------------------
57.マチネの終わりに(Matinee)・2019・邦等外・西谷弘・7.5 点
等外だけれど典型的メロドラマだけれど好き。最大の喜びと最大の悲しみが同居する経験のない人にはわからんのかな。
--------------------------------------------------------------------
58.マンチェスター・バイ・ザ・シー(Manchester by the Sea)・2017・外3・Kenneth Lonergan・7 点
子供を自分の過失の火災で死なせた男が兄弟の死後甥の後見人になり別れた妻のいる町へ。生きづらい人間の苦しさと希望。
--------------------------------------------------------------------
59.護られなかった者たちへ(In the Wake)・2021・邦12・瀬々敬久・7 点
震災後の仙台で起きる生活保護絡みの連続殺人事件の真相。瀬々作品だがちょっと力み過ぎと設定に無理を感じる部分も。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【み】【み】【み】【み】【み】
--------------------------------------------------------------------
1.見憶えのある他人(Death in Therapy)・1997・外等外・Francis Girod・7 点
精神分析医が妙な患者の殺人劇にはまり意外な結末に。もう少し謎解きに凝ってもいい。ダニエル=オートィユ主演。
--------------------------------------------------------------------
2.ミクロの決死圏(Fantastic Voyage)・1966・外11・Richard Fleischer・7 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
3.ミザリー(Misery)・1991・外58・Rob Reiner・8 点
小説家の作品に入れ込むあまり彼の家に侵入して狂気の中に彼を脅かして小説をかかせるホラー。キャシー=ベイツ怖いよ。
--------------------------------------------------------------------
4.Mr. インクレディブル(The Incredibles)・2004・外49・Brad Bird・7.5 点
CGによるヒーロー活劇もの。スーパーヒーローとかつてファンだった男との戦い。テンポがいい。
--------------------------------------------------------------------
5.Mr. ビーン カンヌで大迷惑?!(Mr Bean's Holiday)・2008・外116・Steve Bendelack・米仏独7 点
クイズで当たったフランス旅行でいつもの大騒動。まあ気軽に見るにはよかろう。
--------------------------------------------------------------------
6.Mr. Boo:ミスター・ブー(The Private Eyes)・1979・外等外・Michael Hui・7 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
7.ミスティック・リバー(Mystic River)・2004・外1・Clint Eastwood・7 点
娘を殺された男の復讐にからむ様々の人間模様と苦悩。悪くないが1位のできではないような気がする。
--------------------------------------------------------------------
8.水の旅人:侍KIDS(My Little Bodyguard)・1993・邦24・大林宣彦・6 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
9.道(La Strada)・1957・外1・Federico Fellini・7 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
10.未知との遭遇(Close Encounter of the Third Kind)・1978・外4・Steven Spielberg・7 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
11.ミッション:インポシブル(Mission: Impossible)・1996・外25・Brian De Palma・7 点
「このテープは自動的に消滅する」の「スパイ大作戦」の映画化。意外な展開にやられた。トム=クルーズ主演。
--------------------------------------------------------------------
12.ミッシング(Missing)・1982・外12・Costa-Gavras・米メキシコ7 点
カンヌグランプリ。チリ社会主義志向アジェンデ政権へのクーデター中処刑された米青年の父が米の関与に気づき目覚める。
--------------------------------------------------------------------
13.ミッドナイトクロス(Blow Out)・1982・外41・Brian De Palma・6 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
14.みつばちのささやき(The Spirit of the Beehive)・1985・外4・Victor Erice・西7 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
15.緑の光線(The Green Ray)・1987・外19・Eric Rohmer・7 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
16.身代金(Ransom)・1997・外24・Ron Howard・7 点
よく出来てるけどやっぱオーソドックスな作りだ。犯人も誘拐前後のはこびも。
--------------------------------------------------------------------
17.耳をすませば(Whisper of Heart)・1995・邦13・近藤喜文・9 点
中学生少女の人生意識の発揚と恋。自分が子供の頃を思い出した。絵も青春の描き方もマル。
--------------------------------------------------------------------
18.宮沢賢治:その愛(---)・1996・邦42・神山征二郎・6 点
神山作品にしては物足りない。宮沢の世界を2時間で描くのは無理だ。
--------------------------------------------------------------------
19.ミュージック・オブ・ハート(Music of the Heart)・2000・外36・Wes Craven・7 点
小学臨時音楽教師が荒れた都会生徒にバイオリンを教えカーネギーホールで有名演奏家とコンサートを。深くないが面白い。
--------------------------------------------------------------------
20.未来世紀ブラジル(Brazil)・1986・外8・Terry Gilliam・9 点
すごい悪夢ユーモアSF。ハチャメチャ未来都市。モンティパイソンの人達が作ったというから納得。
--------------------------------------------------------------------
21.未来の想い出 Last Christmas(Future Memories: Last Christmas)・1992・邦33・森田義光・6 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
22.ミリキタニの猫(The Cats of Mirikitani)・2007・外13・Linda Hattendorf・7 点
日系米国人の絵描きのホームレス老人を追うドキュメンタリー。大戦時の収容所の経験からにじみ出る反骨。
--------------------------------------------------------------------
23.ミリオンダラー・ベイビー(Million Dollar Baby)・2005・外1・Clint Eastwood・7.5 点
ボクシングに取り組む女性とそれを苦々しくも受け入れるコーチとのつながり。最後は痛切だ。
--------------------------------------------------------------------
24.みんなのいえ(All About Our House)・2001・邦17・三谷幸喜・7 点
頑固なデザイナーと頭領がぶつかりながら最後には心を通わせ家が建つ。コメディ調がやや抑制気味でよかった。
--------------------------------------------------------------------
25.ミンボーの女(Minbo)・1992・邦25・伊丹十三8 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
26.ミニヴァー夫人(Mrs. Miniver)・1949・外15・William Wyler・8 点
第2次世界大戦で独軍の空襲にあう家族。その最中の制作だ。反ナチ戦意高揚ものでベタだがステキな出来。
--------------------------------------------------------------------
27.ミッドナイト・イン・パリ(Midnight in Paris)・2012・外5・Woody Allen・米仏西7.5 点
米の脚本家の男がパリでタイムスリップして小説家や芸術家に次々出会うファンタジー。やられました。
--------------------------------------------------------------------
28.三島由紀夫VS東大全共闘~50年後の真実~(Mishima: The Last Debate)・2020・邦35文4・豊島圭介・7.5 点
東大駒場大教室での三島由紀夫と東大全共闘との討論映像とインタビューで構成したドキュメンタリー。観念的だが迫力。
--------------------------------------------------------------------
29.蜜蜂と遠雷(Listen to the Universe)・2019・邦5・石川慶・7 点
ピアノコンクールを舞台に4人の出場者の思いと葛藤と成長を描く。最後の順位は納得。
--------------------------------------------------------------------
30.MINAMATAーミナマター(Minamata)・2021・外9・Andrew Levitas・英米アラブ首長国連邦日7 点
実話に基づく。写真家Eugene Smithが水俣で水銀問題を撮影した日々。彼の歴史を知ることができてよかった。
--------------------------------------------------------------------
31.ミッドナイトスワン(Midnight Swan)・2020・邦14・内田英治・7.5 点
女性として行きたい人の喪失とそこへ預けられたバレエをしたいが失意の女子高生の再生の物語。
--------------------------------------------------------------------
32.水俣曼荼羅(Minamata Mandala)・2021・邦5・原一男・8 点
撮影25年上映372分のドキュメンタリー大作。訴訟・交渉の様子、患者等関係者の様子を描きあっという間の6時間強!
--------------------------------------------------------------------
33.ミナリ(Minari)・2021・外24・Lee Isaac Chun・7 点
韓国から米への移民の一家が耕作で生きていこうとする努力の物語。祖母ちゃんと心臓の悪い息子がいい。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【む】【む】【む】【む】【む】
--------------------------------------------------------------------
1.麦の穂をゆらす風(The Wind That Shakes the Barley)・2006・外5・Ken Loach・アイル英独伊西仏7.5 点
1920年、英の横暴に医師の夢を捨て独立運動にかける青年。講和を巡り内戦にも。カンヌのパルムドール。
--------------------------------------------------------------------
2. 息子(My Sons)・1991:邦1・山田洋次・8 点
東京でのらくらの息子がろうあ者に惚れ生活が安定、田舎の父との関係が改善。いい出来だ。
--------------------------------------------------------------------
3.息子の告発(The Day the Son Turned Cold)・1994・外25・Yim Ho・7 点
親の犯罪を告発する息子。もう少し倫理と法で揺れる心の内を描いてもよかった。
--------------------------------------------------------------------
4.無能の人(Nowhere Man)・1991・邦4・竹中直人・8 点
つげ義春原作。漫画も売れず石を売るのもだめでうだつがあがらない男とそのその周辺。面白い。
--------------------------------------------------------------------
5.無防備都市(Rome, Open City)・1950・外4・Roberto Rossellini・7 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
6.無防備都市:ベイルートからの証言(Out of Life)・1991・外72・Maroun Bagdadi・仏ベルギー伊8 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
7. 無法松の一生(The Rickshaw Man)・1958・邦7・稲垣浩・8 点
三船俊郎版。車屋が高貴な奥様に惚れて尽くして死ぬ。こんなにしっとりした出来とは!さすがベネチア金獅子賞。
--------------------------------------------------------------------
8.ムーンライト(Moonlight)・2017・外9・Barry Jenkins・7 点
母は薬物中毒、芯はあるがいじめられっ子の黒人男子。薬物の売人になる悲哀。文学的で味わい深い。さすがアカデミー賞。
--------------------------------------------------------------------

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【め】【め】【め】【め】【め】
--------------------------------------------------------------------
1.名探偵登場(Murder by Death)・1976・外61・Robert Moore・7 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
2.夫婦善哉(---)・1955・邦2・豊田四郎・7 点
泣き笑い人情劇だな。商店の遊び好き若旦那と女の物語。森繁久弥の若き頃はこんなだったのか。
--------------------------------------------------------------------
3.めがね(Glasses)・2007・邦16・荻上直子・7 点
「かもめ食堂」は面白かったがその路線キープに何かプラスが欲しかった。日本の南の島でたそがれる人々ののんびり生活。
--------------------------------------------------------------------
4.めぐり逢い(An Affair to Remember)・1957・外等外・Leo McCarey・7 点
いかにもハリウッドのメロドラマ。船上で恋に落ちた二人がなかなか再会できない話。
--------------------------------------------------------------------
5.めぐりあう時間たち(The Hours)・2003・外3・Stephen Daldry・米英仏加独7.5 点
ヴァージニア=ウルフ「ダロウェイ夫人」で繋がるウルフ含む3つの時代の女性の一日をスリリングに切り取る映画的興奮。
--------------------------------------------------------------------
6.めし(Repast)・1951・邦2・成瀬巳喜男・7 点
林芙美子原作。惚れ結婚しても単調生活に実家へ戻る女。夫が迎えに。林死去で未完だが映画ではよりを戻す。成瀬は的確。
--------------------------------------------------------------------
7.メゾン・ド・ヒミコ(La maison de Himiko)・2005・邦4・犬童一心・7.5 点
元ゲイバー店主で癌の実父が営むゲイの老人ホームにアルバイトで来た娘と周囲の人々との交流。なかなかいい。
--------------------------------------------------------------------
8.メトロポリス(Metropolis)・1929・外4・Fritz Lang・6 点
サイレント。初期SFの重要作。未来の機械文明における抑圧と暴動と平和。当時の資本主義共産主義の対立が背景にある。
--------------------------------------------------------------------
9.めまい(Vertigo)・1958・外16・Alfred Hitchcock・7 点
高所恐怖症を利用した妻殺し。できは悪くないがトリックはすぐわかってしまった。
--------------------------------------------------------------------
10.メリー・ポピンズ(Mary Poppins)・1965・外5・Robert Stevenson・7 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
11.メリダとおそろしの森(Brave)・2012・外等外・Mark Andrews・米英7 点
スコットランドらしき昔でケルトと宮崎アニメの影響あり。魔法で熊になった母を救うおてんば王女の成長物語。
--------------------------------------------------------------------

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【も】【も】【も】【も】【も】
--------------------------------------------------------------------
1.モーターサイクル・ダイアリーズ(The Motorcycle Diaries)・2004・外7・Walter Salles・英米独仏アルゼンチンチリペルーメキシコ8 点
チェ・ゲバラ若き日の南米縦断のオートバイ旅行。搾取の実態を見聞し医療につくす。みずみずしい出来。
--------------------------------------------------------------------
2.萌の朱雀(Suzaku)・1997・邦10・河瀬直美・8 点
過疎の村でも芽吹く少女の純粋な恋心を静かにみずみずしく描く。さすがベネチア新人賞。
--------------------------------------------------------------------
3.木曜日(Thursday)・1961・---・大林宣彦・5 点
大林8ミリ実験作。退屈で女友達を殺す青年。失敗フィルムからの構成は「北京的西瓜」の原点とか。
--------------------------------------------------------------------
4.モスクワは涙を信じない(Moscow Does Not Believe in Tears)・1982・外19・Vladimir Menshov・ソ連7 点
米アカデミー外国作品賞。題はめそめそは意味がないの意。モスクワでの若い女性のネアカな暮らし。重くない珍しい作品?
--------------------------------------------------------------------
5.モスラ(Mothra)・1961・邦等外・本多猪四郎・7 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
6.モダン・タイムズ(Modern Times)・1938・外4・Charles Chaplin・7 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
7.もののけ姫(Princess Mononoke)・1997・邦2・宮崎駿・7 点
宮崎アニメ。自然と人間の対立。詰め込み過ぎで、情感が不足。室町を舞台にした着想は買う。
--------------------------------------------------------------------
8.森の中の淑女たち(Strangers in Good Company)・1993・外33・Cynthia Scott・カナダ8 点
バス故障で空家に泊まり救助を待つ老女たちの時間がとまったような静寂の中で語られる人生。ほとんどが素人とはすごい。
--------------------------------------------------------------------
9.モロッコ(Morocco)・1931・外1・Josef von Sternberg・6 点
日本初字幕スーパー。モロッコ外人部隊の男が嫉妬で前線に飛ばされ別の男と結婚した酒場女が恋心に気づき追う。今いち。
--------------------------------------------------------------------
10.モンスターズインク(Monsters, Inc.)・2002・外19・Peter Docter & David Silverman (1)・8 点
CG3Dアニメ。子供を脅かし悲鳴を上げさせエネルギーを得る世界の話。ストーリーはともかくスピード感ある楽しい作り。
--------------------------------------------------------------------
11.モンタナの風に抱かれて(The Horse Whisperer)・1998・外9・Robert Redford・7 点
乗馬中の事故でショックを受けた馬と少女と母親の癒しの物語。母親が大自然で馬を癒す男を愛してしまう。いい出来。
--------------------------------------------------------------------
12.もらとりあむタマ子(Moratorium Tamako)・2013・邦9・山下敦弘・7 点
大卒23歳の女性が実家でやもめ暮らしの父のもとでのゴロゴロ暮らし。ほのかなユーモア。
--------------------------------------------------------------------
13.もうひとりの息子(The Other Son)・2013・外等外・Lorraine Levy・7 点
病院での赤ちゃん取り違えで、イスラエルとパレスチナの家族の緊張と和解。よりによってこのパターンはいっそう複雑だ。
--------------------------------------------------------------------
14.燃ゆる女の肖像(Portrait of a Lady on Fire)・2020・外3・Celine Sciamma・7.5点
18世紀孤島の館の望まぬ結婚を迫られる令嬢と肖像画家の女同士の愛の真実。美しい。