2)申込方法・参加条件・選抜

2018年組(2018年夏に現地研修を迎える方々)向けの内容です。

 研修の参加条件

・下記諸点を参加者・御家族が承認されることが参加申込の条件です。
   ------------------------------------------
・書類審査に合格しその後面接に臨まれる時には誓約書をDLし御準備下さい。
 *誓約書に署名押印の上、面接時に提出してください。
 *合格を見込んで申込者は全員あらかじめ用意しておくとよいでしょう。
 *最初の書類での申込みの際には要りません。
   ------------------------------------------
・なお、参加回数の制限はありません。過去に複数回行かれた方もいます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【授業や学部学科やサークル等との関係】

   ------------------------------------------
・医学部医学科生命科学科の場合は現地研修帰国後に前期試験がありますが、例年
 多数の参加者があり、現地で協力し合って試験対策もされています。
   ------------------------------------------
・歯学部は現地研修期間が前期試験期間と一部重なる可能性があります。きちんと
 手続を踏めば学部の制度で配慮いただけるので歯学学生係で御確認下さい。
   ------------------------------------------
・申込時に2年生以上の方は、翌年夏の現地研修が学部教育の中のインターンシッ
 プや必修かそれに近い集中講義等が予定されていないかどうか御確認下さい。
   ------------------------------------------
・来年夏の現地研修期間や、次項の学習連絡会の予定日について、部活動の重要な
 大会、サークルの重要な行事と重複しないかどうか御確認下さい。(次項参照)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【参加の条件】

0)現地研修はは2018年8月19日福岡出発、9月12日夜福岡着です。成蹊大学生
  が現地研修に加わります。
   ------------------------------------------
1)申込から現地研修まで九州大学の学部生か大学院生としての在籍が必要です。
  *大学院浪人中は資格がありません。
   ------------------------------------------
2)住所電話等の連絡先変更はその都度世話教員に連絡していただきます。
  *特に2年生になって伊都地区以外へ引っ越す際。
   ------------------------------------------
3)下記に学習連絡会を開催する可能性が高いのでスケジュール確保が必須です。
  *平日週1回開催:11/27-1/29の全平日昼休みと水曜5限は必ず空けておく
           +月火木金5限はなるべく空けておく)。
           (できない方は申込前に御相談下さい)
  *週末開催:下記終日空けて下さい。(できない方は申込不可です)
   第1回:2017年11月25日(土)  第2回:2018年04月07日(土)
   第3回:2018年06月02日(土)  第4回:2018年08月12日(日)
   ------------------------------------------
4)学習連絡会後に世話教員主催の懇親会が開かれる場合(2回を予定)の費用は
  原則として振り込みいただく費用全体の中に含め、万一欠席する場合は返金を
  請求していただきます。懇親会は未成年の場合飲酒不可です。
   ------------------------------------------
5)定められた期日までに研修費用を払い込んで下さい(5月中旬までを予定)。
  *為替相場の大幅変動等で追加徴収が必要になったときは応じて下さい。
  *例年費用が理由の途中辞退がありますので資金計画を御用意下さい。
  *最終合格後に途中辞退の場合、最終的に最低催行人員を下回ることに至った
   場合は不足人数分の現地費用を辞退者全員で均等割負担して下さい。
  *1人部屋2人部屋の配置決定後(概ね4月)に途中辞退の場合、安い2人部
   屋から高い1人部屋へ移動せざるを得なくなる方々の差額分(概ね一人移動
   あたり3万円程度)を御負担下さい。
   ------------------------------------------
6) 福岡空港集合から同空港解散まで行動を共にします。
  *研修の前後に個人的な海外旅行を組合せることはお認めしません。
  *但し事情次第で帰国時羽田空港での分流は認めます(事前申告必要)。
  *出発当日は福岡空港に絶対遅刻せず、万一福岡空港で乗り遅れた場合航空機
   か新幹線で羽田空港の宿泊先へおいで下さい。 その場合必ず世話教員に電話
   連絡を入れ、ホテル到着時も世話教員に電話をして下さい。
   ------------------------------------------
7) 英国滞在中外国へ行かないで下さい。
  *北アイルランド等道路や鉄道で渡れない国内島嶼部も不可(ワイト島は可)
  *現地週末旅行手配は出国前に自力で行い、現地要員に依頼しないで下さい。
   ------------------------------------------
8)滞在中の世話教員呼びかけの行事(臨時講義、ミーティング、小ツアー等)が
  あればこれに必ず参加して下さい。
   ------------------------------------------
9)事前研修の諸提出物と帰国後のレポートは定められた期限までに提出して下さ
  い。授業ですので当然です。
   ------------------------------------------
10) 依頼に応じ、作業、研修に関する記事執筆、後輩への講話等を行って下さい。
   ------------------------------------------
11) 必ず海外旅行保険に加入して下さい。
  *特に病気・怪我での日本への搬送をカバーするのが必須です。
   ------------------------------------------
12) 現地で自動車等の運転をしてはいけません。
   ------------------------------------------
13) 連絡用に学生基本メールを事前研修中も現地研修中も頻繁に御使用下さい。
   ------------------------------------------
14) 現地にノート PC の御持参を。(室内無線ルータ禁止、室内民間 wifi 禁止)
   ------------------------------------------
15) 早期帰国の際は最悪の場合片道普通運賃(凄い値段です)が必要になります。
   ------------------------------------------
16) 持病等は必ず申込前に申告・相談して下さい。
  *英国で保証されない薬剤器具を要する場合は参加困難です。
  *事前相談なく起きた問題は自己責任とします。
   ------------------------------------------
17) 伝染病等での休校により授業や試験が繰り下がり、現地研修と重なった場合(
  過去に例なし)の不利益に世話教員や大学は責を負いません。
   ------------------------------------------
18) 世話教員等の都合により、事前研修中に現地研修を中止する場合や世話教員が
  現地研修に一部または全期間同行できない場合がありえます。
   ------------------------------------------
19) 研修に関する多少の参考書を求めに応じ御購入下さい。(最大5000円程度)
   ------------------------------------------
20) なるべく合格直後までに英国で通常使えるクレジットカードを御用意下さい。  *現地旅行の各種予約で早ければ11月から必要です。
  *精算を仲間に依頼するなどで当面は対処できるかもしれません。
   ------------------------------------------
21) 英語認定科目の単位になります。放棄は不可です。全員A等とはしません。
  *レポート未提出もしくは期限遅れで不可となることがあります。
   ------------------------------------------
22) 求めに応じ研修の同窓会に現地研修の出発前に登録して下さい。
   ------------------------------------------
23) 研修のHP「研修のキャンセル」にある点を承知して下さい。
  *上記のページは最終申込締切日以降から有効とします。
   ------------------------------------------
24) 依頼された場合帰国後研修成果報告プレゼンテーションをお願いします。
   ------------------------------------------
25) 学部の試験期間等との関係については自己責任にてお申し込み下さい。
   ------------------------------------------
26)参加者およびその家族と世話教員の間で参加者の学生基本メール、現地で通話
  に使用する携帯番号を共有します。
   ------------------------------------------
27)面接の結果不合格になる場合があります。最初の申込から合否決定までかなり
  の時間を要することをおゆるし下さい。
   ------------------------------------------
28) その他本研修のHPや今後の諸連絡が述べる点に従って下さい。

 

 研修の申込方法

1)【第1次審査】 

◆提出書類
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ケンブリッジ大学英語・学術研修申込票」(ダウンロードしてください)1部
   ------------------------------------------
・手書きでなく、Word上で作成して下さい。
   ------------------------------------------
・1頁に収まるよう字のポイントを下げる(最低8pt)、行間を固定値で短縮(「
 段落」の「行間」で固定値に設定)する等で、、各枠の大きさは元のままに。
   ------------------------------------------
・こうした詳細に対応できるかと事前研修での提出物がきちんと出していただける
 かと関係していることが経験からわかっているため、大いに選考上重視します。
   ------------------------------------------
・第1次審査では写真貼付は不要です。
   ------------------------------------------
・第1次審査では後期昼休みと5限の都合は不要です。(面接持参時記入)
   ------------------------------------------
・参加者間でのみ配布する名簿に住所等の記載可の○印は、参加者間の連絡が必要
 なので、最低限学生基本メールアドレスは○にしてください。
   ------------------------------------------
・第2次審査のために控えを取っておいてください。
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ウェブの成績確認画面
   ------------------------------------------
・前期までの全科目がそろってから最終締切日までの間に(追加で)提出下さい。   ------------------------------------------
・学部科目等成績発表が遅い科目があって最終締切に危ない場合は御相談下さい。
   ------------------------------------------
・ブラウザの成績通知画面を「html形式」で保存したもの(InternetExplorerの場
 合「ファイル」から「名前をつけて保存」を実施、マックのSafariでは「ページ
 のソース」で保存)を送付して下さい。
   ------------------------------------------
・GPA平均値や氏名が画面に含まれるようにして下さい。
   ------------------------------------------
・こうした詳細に対応できるかと事前研修での提出物がきちんと出していただける かと関係していることが経験からわかっているため、未対応は不合格とします。
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
TOEFLスコアカード」(写し)
   ------------------------------------------
・申込日から2年以内発行のTOEFL(ITP) スコアカード写しを御提出下さい。
   ------------------------------------------
・1年生の場合は4月の英語力診断テストのスコアカードをお願いします。
 *5月中に授業で配布されますが、配布前に研修に申込む場合は、申込書のスコ
  ア欄を空白にして申込み、配布されてから後日お届け下さい。
   ------------------------------------------
・スコアカードは現物をスキャンして画像化したものや写メがよいです。
 *難しい場合はコピーをお届け下さい。
  投函:伊都地区比文言文棟2階東端215号鈴木右文研究室入口横状差しから
     (平日8-20時でないと玄関を入れません)
  郵送:819-0395 福岡市西区元岡744 九州大学言語文化研究院鈴木右文宛
   ------------------------------------------
・その後生協の学内TOEFL-ITPでよりよいスコアが出た場合は、後から差し替えで
 受け付けることもできますが、最終締切に間に合う必要があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆申込締切等
   ------------------------------------------
・締切は4回あります。どの期間の提出でもよいですが有利不利があります。
 *第1次申込期間:5月08日(月)12:30~06月01日(木)12:30
 *第2次申込期間:6月01日(木)12:30~07月18日(火)12:30
 *第3次申込期間:7月18日(火)12:30~09月19日(火)12:30
 *第4次申込期間:9月19日(火)12:30~10月16日(月)12:30
・先着順ではないので、途中で申込受付を打ち切ることはありません。
   ------------------------------------------
・申込期間が遅いと下記の点で不利益があります。
 *選考基準のひとつとして提出期間の早い遅いを得点化します
 *2次審査に進む場合の面接日の調整は提出期間の早い方を優先します。
 *安い2人部屋の希望は提出期間の早い方を優先します。
 *現地の講義科目の選択希望は提出期間の早い方を優先します。
 *奨学金が付与される場合、提出期間の早い方を優先します。
   ------------------------------------------
・メール添付で上記書類の送付を学生基本メールからお願いします。
 *宛先は世話教員鈴木右文(yubun@flc.kyushu-u.ac.jp)(@は半角に)
 *受領返信メールを御確認下さい。数日中に返信がないなら届いていません。
   ------------------------------------------
・申込み取下げの場合は必ず御連絡下さい。
 *申込書を送付後連絡のつかなくなる方が毎年おられます。
   ------------------------------------------
・以降帰国後フォローまで全てのメール連絡は学生基本メールでお願いします。
 *合否の連絡も学生基本メールに行きます。通知直後にしていただくことがある
  ので、10月16日以降は毎日のチェックが望ましいです。
   ------------------------------------------
・きちんと決心の後に書類をお送り下さい。途中辞退は募集活動を困難にします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2)【第2次審査】 第1次審査合格者への面接

   ------------------------------------------
・書類審査に合格された場合は合格通知とともに面接日程調整のための連絡をメー
 ルで致しますので、10月16日から10日程度週末も含めて毎日チェックを頻繁に
 御願いします。(不合格の方には少し遅れて連絡します)
 *物理的に可能な日程はすべて可能とお知らせ下さい。例年少数箇所しか可能と
  しない回答が多く、日程調整に苦闘しますのでよろしくお願いします。
 *調整後日程を個別にお知らせします。
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆面接に持参する書類

---------------------------------------------

★「ケンブリッジ大学英語・学術研修申込票」2部(ダウンロードして下さい)
   ------------------------------------------
・第1次審査のときと同じものですが、写真をお願いします。2部必要です。
   ------------------------------------------
・書類申込時と内容に相違があっても可です(その箇所は下線を引いて明記)。
   ------------------------------------------
・なお、「送付日」は第1次審査に申し込んだ時の日付のままにして下さい。

---------------------------------------------

★「誓約書」(ダウンロードしてください)
   ------------------------------------------
・印刷して署名押印し、面接時に御提出ください。
 *本人と国内連絡先の方の両方の押印が必要です。
 *別々の印章をお使い下さい。国内連絡先の方は御自身で押印下さい。
   ------------------------------------------
・ ファイルはパスワードがないと開けません。メールで御請求下さい。
   ------------------------------------------
・書類審査合格を見込んであらかじめ用意して下さい。押印のための郵送往復等で
 用意に時間がかかることがあります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆面接方法

   ------------------------------------------

★面接内容: 
・問題なく海外研修に参加する力があるか否か精査します。
・必要に応じ英語でのやりとりも行います。
・冒頭で次項のように日本語で世話教員に向け3分程度でプレゼンして下さい
 *メモを見ながらで可。
 *その他本HPの「申込者の方々へ」を理解しているかどうかも重要です。
・面接時間は約束の時間から30分みておいて下さい。

   ------------------------------------------

★冒頭のプレゼンテーション
・研修HP「面接にあたってすること」にある2つの承認事項を承知した旨言明。
・専門の勉強内容、進学、就職等進路の希望
・英語が好きか、得意か。高校、入試、九大の英語授業での成績や成果はどうか。
・本研修の対抗馬として比較検討したものは?なぜそれを避け本研修を選ぶか。
・自分を磨く向上心、学術追究型の研修に事前研修も含め(特に提出物等の締切)
 負担に耐え打ち込む覚悟があるか。
・資金に無理はないか(無理なアルバイトは勉強時間を削ぐ)。合格後経済的に取
 りやめる不安はどの程度あるか。
 *出資者と調達計画等十分打ち合わせてきてください。

   ------------------------------------------

★その他面接で確認する点=選考基準

・面接申込に遺漏がないか(面接時の持参書類不備などは論外)
・九州大学等における英語その他の授業の成績(GPAを大いに参考にします)
・授業以外に英語学習をしているか
・本研修を選ぶだけの動機と熱意と学力があるか
・自分を磨く向上心があるか
・自分の考えを明確に伝える力があるか
・資金調達に無理がないか
 *後で辞退というのは他の参加者に準備上のまた金銭的な迷惑をかけます。
・家族等の了承、サポートがあるか
・団体生活での協調性があるか
・精神的、肉体的に海外生活に耐えられるか
・何とか英語を使って口頭で意を通じさせ合うことができるか

 

 事前学習

・申込みから合格発表までの期間に何もしないのはもったいないです。
 *何もしないようだととても研修で成功をおさめることはできません。
   ------------------------------------------
・上記ヘッダーから「事前学習」のページにアクセスし、掲載事項を参考に、自己
 学習して下さい。特に単語を増やすことをお勧めします。
   ------------------------------------------
・11月の第1回学習連絡会以降は、英語学習進捗表を作成して、世話教員のコント
 ロールのもとに学習を進めていっていただくことになります。
 *単語力測定も定期的に実施します。

 

 最終合格

・面接終了後、世話教員が申込書類、申込期間、授業の成績、面接の結果、学部学
 年等のバランス、英語力診断テスト等の総合で判断し、参加者を選定します。
   ------------------------------------------
・選定結果は学生基本メールへ通知します。不合格者への御連絡は若干遅れます。
   ------------------------------------------
・万一辞退の必要があるときは直ちに世話教員まで届け出て下さい(手違いを避け
 るため、メールではなく、電話か直接お会いして確実にお願いします)。