---や行


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【や】【や】【や】【や】【や】
--------------------------------------------------------------------
1.やかまし村の子どもたち(All a vi barn i bullerbyn)・1986・日本未公開・ラッセ=ハルストレム・スウェーデン6 点
家3軒だけの村の子供達の日常を自然の美しい北欧に。のびのびしている。「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」の監督だ。
--------------------------------------------------------------------
2.やさしいにっぽん人・1971・邦7・東陽一・6 点
沖縄戦の生き残りで記憶喪失の青年を通して戦後を描く。どうも今ひとつピントがはっきりせず、見ていて苦手感あり。
--------------------------------------------------------------------
3.靖国 YASUKUNI()・2008・外・・・7.5 点
靖国神社への賛否両派の行動を通じて靖国を考えるドキュメンタリー。
--------------------------------------------------------------------
4.野性の夜に(Les nuits fauves)7 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
5.八つ墓村7 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
6.柳川掘割物語・1987・邦11・宮崎駿・7 点
文化映画。宮崎駿異色のドキュメンタリー。柳川の歴史を辿る。
--------------------------------------------------------------------
7.破れ太鼓・1949・邦4・木下恵介・6 点
新興成金の親父が専横、妻子に反旗を翻され会社の経営も行き詰まる。家父長絶対でない新時代をコミカルに。
--------------------------------------------------------------------
8.山の音・1954・邦6・成瀬巳喜男・8 点
川端康成原作。息子の嫁と父の交流とほのかな思い。嫁夫婦は離婚。原節子山村聡上原謙が良。成瀬の的確描写。
--------------------------------------------------------------------
9. 山の郵便配達(The Postmen in the Mountains)・2001・外4・霍建起 Jianqi Huo・8 点
山道を泊まりがけで歩き回る郵便配達を子に引継ぐ過程を通し親子の繋がりを描く佳作。シンプルイズベストの典型。
--------------------------------------------------------------------
10.闇の子供たち(Children of the Dark)・2008・邦6・阪本順治・7.5 点
タイで日本人を含む外国人等が相手の児童売春と臓器売買(提供する子供は死ぬ)の問題を激烈に。
--------------------------------------------------------------------
11.闇の列車、光の旅(Sin Nombre)・2011・外29・Cary Fukunaga・メキシコ米7 点
南米から米国へ列車の屋根で不法移民を図る少女と組織に追われる青年。問題が如実に描かれる。
--------------------------------------------------------------------

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【ゆ】【ゆ】【ゆ】【ゆ】【ゆ】
--------------------------------------------------------------------
1.誘拐(Abduction)・1997・邦7・大河原孝夫・7 点
葬り去られた公害事件の告発に誘拐で挑む被害者たち。推理ものとしてもよくできている。
--------------------------------------------------------------------
2.ユージュアル・サスペクツ(The Usual Suspects)・1996・外7・Bryan Singer・8 点
犯罪組織の怖さと観客をあっと言わせる組織のボスの正体。やられた。
--------------------------------------------------------------------
3.遊星よりの物体X(The Thing from Another World)・1951・外?・Christian Nyby・7 点
SFの草分け。UFOと宇宙人の話だがキワモノにならずいいサスペンスだ。
--------------------------------------------------------------------
4.夕凪の街 桜の国(Yunagi City, Sakura Country)・2007・邦9・佐々部清・8 点
広島での被爆が原因で後に亡くなった女性と、現代に生きるその姪が原爆を知る反戦もの。感動的。
--------------------------------------------------------------------
5.雪に願うこと(What the Snow Brings)・2006・邦3・根岸吉太郎・7 点
北海道のばんえい競馬の世界を舞台に、東京で失敗した青年が再生するまで。
--------------------------------------------------------------------
6.雪之丞変化(An Actor's Revenge)・1935・邦10・衣笠貞之助・7 点
時代劇。仇を見つけた役者が仇の娘に恋されるが敵を一掃するもその娘も死んでしまう。  
--------------------------------------------------------------------
7.ゆきゆきて神軍(The Emperor's Naked Army Marches On)・1987・邦2・原一男・9 点
賛否両論あろうが本物の迫力。首を絞めるなど過激な行動で戦争犯罪を追及するとんでもない男のドキュメンタリー。
--------------------------------------------------------------------
8.夢(Dreams)・1990・邦4・黒澤明・日米7 点
見た夢を綴るオムニバス。狐の嫁入りなど幻想的。丸い黒澤の味わい。
--------------------------------------------------------------------
9.夢見通りの人々(The People of Dream Street)・1989・邦30・森崎東・7 点
猥雑さがかえって気持ちのいい妙な作品。宮本輝原作。
--------------------------------------------------------------------
10.夢見るように眠りたい(To Seep so as to Dream)・1986・邦?・林海象・5 点
ほぼ無声。女優主演だが検閲でラストを撮れなかった映画のとおりに事件が展開、非現実でラスト撮影を。 
--------------------------------------------------------------------
11.揺りかごをゆらす手(The Hand that Rocks the Cradle)・Curtis Hanson・8 点
夫の自殺の逆恨みで妻がその死の原因となった家族を破滅に追い込もうとするこわい話。
--------------------------------------------------------------------
12.EUREKA(ユリイカ)(Eureka)・2001・邦4・青山真治・7.5 点
舞台福岡。バスジャックで傷心生き残りの運転手と子供の兄妹が同居しやがて旅に出る再生の話。硬質。方言良。
--------------------------------------------------------------------
13.ユリシーズの瞳(Ulysses' Gaze)・1996・外2・Theodolos Angelopoulos・ギリシア仏独伊英ユーゴ等8 点
バルカン現代戦争詩とでも言おうか。深く静かに重く悲しい。
--------------------------------------------------------------------
14.許されざる者(Unforgiven)・1993・外1・Clint Eastwood・7 点
西部劇。銃を捨てたガンマンが立ち上がり悪徳な者たちを始末するかっこいい話だ。
--------------------------------------------------------------------
15.ゆれる(Sway)・2006・邦2・西川美和・7 点
女性転落死事件を巡りさえない兄とかっこいい写真家の弟の葛藤。香川照之好演。
--------------------------------------------------------------------
16.雪の轍(Winter Sleep)・2015・外8・Nuri Bilge Ceylan・トルコ独仏7.5 点
トルコ映画は初めて見たが凄いレベル。家庭内で知的な突き刺さる口論、金持ちと貧乏の描写が秀逸。カンヌパルムドール。
--------------------------------------------------------------------
17.夢売るふたり(Dreams for Sale)・2012・邦10・西川美和・7.5 点
居酒屋消失、夫の浮気で妻がヒントを得て夫婦で結婚詐欺。松たか子怖い。かすかにおかしみあり。
--------------------------------------------------------------------
18.湯を沸かすほどの熱い愛()・2016・邦7・中野量太・7 点
余命2ヶ月の宣告から夫の蒸発から血の繋がらない子供達とのことや銭湯の再開など奔走した女性の記。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【よ】【よ】【よ】【よ】【よ】
--------------------------------------------------------------------
1.酔いどれ天使・1948・邦1・黒澤明・7 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
2.妖怪百物語6 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
3.八日目(La huitieme jour)・1997・外28・ジャコ=ヴァン=ドルマル・ベルギー仏7 点
カンヌ主演男優賞。ダウン症の青年と心の寒い中年の交流。この監督らしい陽気に淋しい作風だ。
--------------------------------------------------------------------
4.八日目の蝉(Rebirth)・2011・邦5・成島出・8 点
父の愛人に誘拐され育てられた女性が再生する。母性がテーマだろう。素晴らしい出来栄え。
--------------------------------------------------------------------
5.容疑者Xの献身・2008・邦38・西谷弘・7 点
ある殺人事件とそれを処理する数学者と暴こうとする物理学者の競争。 「県庁の星」の監督だ。
--------------------------------------------------------------------
6.用心棒・1961・邦2・黒澤明・8 点
浪人が町のやくざ同士を同士討ちさせて退治するハラハラアクション。出色の迫力だ。
--------------------------------------------------------------------
7.妖星ゴラス6 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
8.善き人のためのソナタ(The Lives of Others)・2007・外・Florian Henckel von Donnersmarck・8 点
東独で文学者の盗聴をする係官が次第に反体制派に共鳴してゆく。粋なつくり。
--------------------------------------------------------------------
9.夜の大捜査線(In the Heat of the Night)・1967・外8・・7 点
旅先で捜査をすることになった黒人刑事の活躍。推理ドラマとしても面白いし、黒人差別も扱っている。
--------------------------------------------------------------------
10.喜びも悲しみも幾歳月・1957・邦3・木下恵介・9 点
初の本格的ロードムービー。灯台守夫婦が戦前~戦後を苦労し生きる。こんな夫婦がいい。高峰秀子!灯台業務詳細不足。
--------------------------------------------------------------------
11.四十七人の刺客7 点
<鑑賞済記入待ち>
--------------------------------------------------------------------
12.4分間のピアニスト(Four Minutes)・2007・外128・Chris Kraus・8 点
ぴたりとくる出来。心の荒れた服役中の天才ピアノ少女の魂の叫び。ラスト4分の曲は圧巻。
--------------------------------------------------------------------