---宿泊施設の選定・予約

2018年組(2018年夏に現地研修を迎える方)向けです。

 概要

【直接手配を】
自分たちで調べて直接宿泊施設とやりとりをして予約して下さい。
 *その施設専用のウェブサイト、メール、ファックス、電話によります。
日本の大手業者で簡単に予約可な格の高いホテル高価なホテルは避けましょう。
B&Bかほどほどに安いホテルを狙って下さい。
 *Bed & Breakfast は英国特有の綺麗な民宿で必ず一度は泊まってほしいです
 *B&Bでも庭のないホテルと変わらないところもありますので御注意を。
ホテル予約サイトもトラブルが多いので避けて下さい
 *これまでのトラブルの例:
  ◎予約したときと実際に宿泊施設で入っていた日付が違っていた
  ◎予約の入った日付の確認を宿に求めたら、予約サイトにかけあってくれと言
   ってとりあってくれなかった。
  ◎サイトで当日払いを選択したが施設に連絡すると前払いしろと言われた
  (カード払いを選択すべきでした)
ユースホステルは相部屋で鍵もないことが多く、セキュリティ上認めません
 *Hostel と名のついたところは避けて下さい
いわゆる民泊(紹介サイト)はお認めしません。
外観の写真を見てから予約したければ、ウェブサイト等を参考にどうぞ。
予約の際必要な情報
 *何月何日何時頃に到着して how many nights 泊まるのか
 *朝食と夕食はどうするのか
 *何人か(how many of us there will be
 *シングルかツインか
  ◎B&B等は単に2人と言うとダブル。ツインなしダブルだけの所が多いです。
下記ではチェックインチェックアウト可能時間帯や門限を確認すべきです。
 *18時以降着等遅い到着の場合
 *イベントに外出して深夜に戻ってくる場合
 *朝出発が早い場合(B&Bの朝食は普通8:30からです)

【予約にあたって】
直接の申込みでは予約金を要求されることもあります。
 *クレジットカード番号を教えてそこから引き落としてもらって下さい。
 *電子メールでは番号を2便に分け、件名と発信時刻を変えて送ると無難です。
  *施設により郵便局で国際為替を作って郵送するよう指定する所もあります。
現住所の申告について
 *今は日本でも8/19からペンブロークカレッジと言い携帯も伝えるとよいです。
 (山田太郎なら、Taro YAMADA (Kyushu University), c/o IP Office,
  Pembroke College,University of Cambridge として電話番号もつける(
  01223-338143 IP Office, PembrokeCollege、国際携帯があればそちら))。
英国はカード社会なので後払いにしない方がトラブルを防止できます
ロンドンでは主要な地下鉄駅にホテル当日宿泊の手配カウンターがあります。
 *でかけて日中に手頃なところの予約を済ませると有効に時間が使えます。
 *詳しいロンドンの地図を持って係員に場所を確認してください。
 *宿がとれなければケンブリッジに戻って出直せばよいので気楽です。
 *尤も夏の週末は混み、空いているところはあまり良い施設ではないでしょう。
ロンドン郊外の安いところは危険な地区であることが多いです。
カード払いを選び当日手続きの際、読取機故障で現金を出せという場合あり。
施設によっては複数の部屋が同じ鍵で開くというところもあります。
 *湖水地方に実例あり(今でもそうかは不明)。気になる方はお問合せを。
 *グループ間で同じ鍵になるようにしてあったのかも。先輩はよい所だと。

【予約の際の注意】
予約は3月までには済ませましょう。エジンバラはもっと早く12月中に。
 *参考までにあるホテル予約サイト(皆さんは使わないで下さい)では前年11月
  初旬の時点で20168月26日(金)の予約率が70%台と切迫していました。
一人一泊30ポンドを切るような所は危険街区で相部屋が多いので避けましょう。
支払いは代表者のカードで行い、日本で事前精算しておくと楽です。
 *現地通貨で現地で精算する件数をなるべく減らした方がラクです。
B&Bはカードが使えないところがあります。
予約されていないというトラブルが多いです。
 *予約確認書や電子メールのコピー等証明になるものを必ず持参して下さい
 *予約されてないと言われ、氏名を逆に登録してあったこともありました。

 

 宿泊施設の種類

通常のホテル:
・朝食時間や内容は地方によってばらばら。
・大都市だと7時からいけるところも多いですが、日曜は遅いのが普通です。
B&B:
・いわゆる民宿。おススメ。朝食は8:30からが普通です。
Guest House:
B&B を少し高級にした感じの所も。区別のないことも。
廉価ホテルチェーン:
・下記を中心にウェブ予約可とします。駅至近は少ない。早割を使うと安いです。
・普通朝食はなく寝るだけ。人数に関わらず1室料金制。
 *http://www.travelodge.co.uk エジンバラではシングルだと11月なら50ポ
  ンドなのに8月では200ポンド台。ダブルで二人で泊まるならあり得る料金。
 *http://www.premiertravelinn.co.uk 都心にも多い。
 *http//:www.daysinn.com 世話教員は経験なし。多人数で安く泊まれそう。
 *http://www.japan.holiday-inn.com 変更取消一切効かず。3名でも同料金。
 

 

 宿泊施設利用上の注意

ホテル等からの予約確認書や手付け金のレシート等を持参して下さい。
普通のホテルには通例、体を洗う手拭いと歯ブラシ、歯磨き粉は置いてません。
バスなしでシャワーだけというところが多いです。
到着が18時を過ぎるときは当日電話連絡する方が安全です。
 *宿泊施設の電話番号を控えていって下さい。日本より予約流しが多いです
 *流しておいて、遅く到着すると予約されてないと主張されることがあります。
駅と泊地付近の地図を入手しましょう。
 *宿泊施設を選ぶ際、また現地で宿泊施設に行く際に必要です。
 *グーグルマップの他英国の街地図:http://www.streetmap.co.uk/ が便利。
 *英国は番地が必ず順番に並ぶので通りの場所さえわかればあとは簡単です。

 

 予約サイト

予約業者サイト民泊紹介サイトは利用しないで下さい。トラブル頻発です。